「七色の煙」が自慢だったって!

 北九州市は、明治時代に八幡製鐵所ができてから、日本の発展を支えてきた街。1960年代になると、製鉄所の他にもいろいろな化学工場、食品工場が集まって「北九州工業地帯」と呼ばれたんだ。工場では休むことなく機械が動き、煙突か …

「七色の煙」が自慢だったって! もっと読む »